ねこ侍日記 科学・医療 U :








プラズマ放出現象利用したスクリーンレス空中3Dディスプレ


日本のバートンという企業が、空中に文字や絵を描画できるスクリーンレス空中
3Dディスプレを技術を開発しました。


プラズマ放出という現象をディスプレに応用することで,日中野外でも映像を空中に表
示できる技術。



他のディスプレとの最大の違いは?

これまでのディスプレイーとの最大の違いは,スクリーンDesディスプレイであ
ること。 スクリーンのない大気中にどうやって文字を書こうかと思った時にプラズマ発
光という現象を使おうと思いついたそうです。

まったくスクリーンの無い日中の大気中に、文字や3D映像を描画出来る唯一の装置
だそうです。まさに、SF映画に出てくる正真正銘のホノグラムそのもの。

また、日本がSF映画出てくる未来の技術を開発しちゃいましたね。

なぜ?このディスプレを開発しようとしたのか

きっかけは、震災があったときに文字を空中に書けたら非常に便利なのではないかと
いう発想から、この技術を防災向け用途に使うことで、避難災害情報を音声と一緒に
文字で空中に表示することで災害時の情報伝達を早めることを考えている。

海外展開…

技術の認知度を高めるため、海外展開も考えているそうですが、お隣の日本の 最新技
術を虎視眈々と掠め取ろうとする支那や半島に技術を盗みとられない ように最新の注意
を…。

…それにしてもどんどんSF映画の世界が現実になってきてますね!?










posted by nekozamurai at 02:32 | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Stap細胞騒動と小保方氏と理研


「混乱と心配、心よりおわび」小保方氏の指導役 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140410-00050098-yom-sci 
理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方晴子ユニットリーダー(30)の指導役で、STAP細胞の論文執筆の中心メンバーである笹井芳樹・副センター長(52)が10日、記者会見を来週に開くことを明らかにした。  笹井氏が会見するのは、問題が浮上してから初めて…

別に小保方ユニットリーダーの肩を持つわけではないが

Stap細胞】の研究発表には、まるで日本の幼稚なマスゴミ受けを狙ったように若い女性研究者【小保方氏】をリーダーとして神輿に担ぎ出した腹黒い黒幕さん。

案の定マスゴミは、そのバカ加減丸出しで蝶よ花よと祭り上げてくだらな報道していたが…

一転してこんどは

彼女【小保方氏】だけが一方的に批判されているようだが、今回の【Stap細胞】の研究には他にもそうそうたるメンバーが、名を連ねるているはずだし、理研の副センター長【笹井芳樹】などは論文の共同執筆者のはずだか。

なのに今回の事件のすべての責任は小保方氏一人が捏造したもだとして強引に幕を下ろそうしているのは何故か。そして一番世間が知りたい【Stap細胞】は存在するのか?しないのか?

存在すると認識したからこそ、共同研究者として名を連ねたのであろうくせに、なぜそのことに沈黙し【小保方氏】一人をクズマズゴミに生贄にへとして差し出し仲間として庇うこともせず幼稚なマズゴミと一緒になり石を投げるようなことをするのでしょう!??

なんか胡散臭い、金と名誉とその他諸々が渦まく理化学研究所…。
一番の腹黒い悪党は何処にいるのかな?

【小保方氏】の逆襲の切り札
↓ ↓ ↓
http://gendai.net/articles/view/geino/149293


私はアイドルではございません












posted by nekozamurai at 19:21 | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


人類の夢STAP細胞は結局どうなの?


STAP細胞・理研会見 喝采一転「未熟」と断罪 野依理事長
「徹底的に教育し直す」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140314-00000600-san-sctch


結局、STAP細胞とかいう奴は存在するのか、しないのか
               どっちなの!?


「論文の体をなしていない、未熟」って
そもそも世界的に権威のある科学雑誌「Nature」になぜ?
そんな学術論文が掲載されたのか?「Nature」は掲載する前に
論文を事前にチェックをしないのかいな。


STAP細胞作製成功の発表からわずか1カ月半で天国から地獄
へ一気に滑り落ちていった小保方氏は今のこの状況をどう思って
いるのだろうか。

もう、研究者としては終わりなんでしょうかね。
嘘はいけません。



あいも変わらず
馬鹿マスゴミが1ヶ月半前には、まるでアイドル扱いで蝶よ花よと祭
り上げていたくせに手のひら返して今度は鬼の首取ったように総攻撃だ。

節操が無い馬鹿マスゴミ…反吐が出るな。










posted by nekozamurai at 01:53 | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


そろそろ次世代のロケット開発しないのかな


H2Aロケット打ち上げ成功 降水観測衛星搭載 ケネディ大使「目を見張った」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140228-00000503-san-sctch


日本もいい加減、有人ロケットの開発に着手してもいいころではないの!?

2011年度の生活保護費の不正受給額が約173億円…。

貴重な血税をこのように溝に捨てるような使い方をするくらいなら、日本の未来のためになることに税金を使ってほしいものだ。

月や火星に行かなくてもいいから、せめて国際宇宙ステーションなどの
衛星軌道上に、自前で人を送れるくらいの有人ロケットを作ってほしい
もんだ。


いつまで、ロシアのおんぼろソユーズに頼っているわけにも行かないでしょう!?

一応、痩せても枯れても第3位の経済大国なんだから、いい加減…恥ずかしい
だろが有人飛行の技術があるのにやらないということは。

日本 : 「(¨ ) アノー、宇宙ステーションまでお願いしますm(._.)m オネガイ」

ロシア: 「(⌒^⌒)bうふっ まいど、どうも!? まぁ、お金さえ払ってくれれば、
      幾らでも乗せるけど…。
      今回から運賃、値上げしようかな( ̄ー ̄)ニヤリ」

日本 :「 …(ーー;)」


てな具合にいずれウォッカ熊野郎は、ふっかけてくるぞ!!!

日ソ不可侵条約を一方的に破ってサハリン南部と北方四島を掠め取ったウォッカ熊野郎
なんぞと仲良く宇宙開発なんぞ出来るか!!!。


       北方領土とサハリン南部を返せバカヤローーーー。
   そして、シベリア抑留者に対して賠償金払いやがれ。!!


…話が断線してしまいました。(・_・ゞ−☆しからず。








posted by nekozamurai at 17:55 | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


未来はこれで肥満決定!


こんなで車道や歩道を走られた日にゃいい迷惑だな

「ある日、ランチに出かけたら駐車する場所が見つからなかった。それで、『だったら家から目的地のすぐそばまで行ける移動手段を作ればいいんじゃないか』って思ったんだ。それがこういう楽しい製品につながったね」(ピーター・トレッドウェー氏)


だったら歩くか、自転車に乗るか、外でのランチ我慢して家で食えば・・・。

彼らは地球人じゃなくて肥満星人、横着しながら食うことしか考えないから

・・・だから


【送料無料】 デブの帝国 いかにしてアメリカは肥満大国となったのか
/ グレッグ・クライツァー...


画期的なおデブばっかり生息しているおデブの聖地になってしまったアメリカ










posted by nekozamurai at 15:01 | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


人工知能への道


ただの計算機の現在のコンピュータから
学習システム型新世代コンピュータへの進化の始まり・・・


この新しいコンピュータチップの進化型ができれば
sonyのASIMOもう少し「鉄腕アトム」に近づけるかな?
空飛ぶのは無理だろうけど・・・ネ


スゴい技術ASIMO

小学生が絶対中に入っているはずだ・・・(;´∀`)










posted by nekozamurai at 14:22 | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


原子力宇宙船で火星へ

火星飛行へ鍵を握る原子力宇宙船

本格的惑星探査の目標となる火星、この火星への長距離飛行を現実のものとするには核反応エンジンをつんだ原子力宇宙船が有力視されている。

従来の化学反応ロケットのデメリットを解決するには 核反応エンジンは必要不可欠、長距離を少量の燃料で 短時間で飛行できる原子力宇宙船は太陽系内の有人惑星探査宇宙船の主流となるでしょう。


Piloted nuclear-powered spacecraft /
NASA Remix Man


長い間閉鎖された空間に閉じ込められる宇宙飛行士の 精神的ストレスや筋力低下などの健康管理。そして 宇宙空間から降り注ぐ有害な宇宙放射線の人体への影響。

このような脅威から宇宙飛行士への負担を少しで も取り除くためにも核分裂反応により得られる膨大な エネルギーをロケットの加速に使い少しでも宇宙での滞在時間を縮めることが必要不可欠 。

・・・というかこれが開発されないかぎり
火星やその 他の惑星への有人探査は無理がありすぎ。

とても長い間、閉鎖された空間閉じ込められ宇宙から の放射線を浴び、人間関係のゴタゴタで人類初の有人 火星探査宇宙船の中で人類初の宇宙空間での殺人事件が起こらないためにも原子力宇宙船は絶対必要だと思うけど・・

技術は、なんとかなっても、お金が・・・ね。
2030年までに火星探査の有人原子力宇宙船が、完成する可能性は・・
どうでしょう??





⇒>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100906-00000511-san-soci










posted by nekozamurai at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


jaxa、有人飛行にスッテプアップ?

無人補給機に帰還カプセル搭載へ 宇宙機構、有人を視野
http://sankei.jp.msn.com/science/science/100811/scn1008111913001-n1.htm

jaxaが、よいよ有人宇宙船への開発に向けて
動き出したようです。

何かと暗い世相の日本の中にあって
前回の「はやぶさ」の ミッションは日本に明るい希望と
日本の技術の高さを あらためて国民に示してくれました。



jaxaは、いまや国自体が停滞している日本の希望です。

何かと日本の国力の基盤となる科学技術関連の予算を削ろ うとし、
日本の技術力を停滞させようとする売国民主党の 陰謀に

そして厳しい財政状況に「jaxa」負けないで
日本の 最先端科学技術の火が消えないように頑張ってください!!










posted by nekozamurai at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


冥王星探査機「ニュー・ホライゾン」

アメリカからアトラスVロケットで2006年1月打ち上げられた
冥王星探査機「ニュー・ホライゾン」


New Horizons Heading for Pluto / FlyingSinger


140万`の速度で飛行中で2015年7月14日に冥王星に 到着する予定・・・。
「ニューホライゾン」も可哀想に旅の途中で目的地の「冥王星」 が、
惑星から小惑星に格下げになっちゃたし・・・。

「ニューホライゾン」も冥王星探査機から小惑星探査機に格下げだな・・。

140万`っていわれてもどんだけ速いスピードなのか
イマイチよく理解できないけど相当早いんだろうなぁ。

しかしそんなスピードでも2015年か・・・!

現代の科学技術では、宇宙は広いというか
太陽系でも今の人類にとっては、とてつもなく広い ってことですね。



他の惑星の重力を利用し軌道を変え加速度をつける
スイングバイがなければ太陽系外惑星には探査機を 飛ばせない・・・


うーん


衛星や有人ロケットにコンパクトに積める核融合エンジン でもあれば
目的の惑星にまっすぐもっと早く飛ばせるのに・・

100年たってもそんなモンはできないだろうし。

こんなニュースをみるとUFOが地球に来ているなんて 信じられん、
来れる訳がない!!!! と 思ってしまう・・・?








posted by nekozamurai at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


宇宙開発に弾み/打ち上げ日数制限撤廃?

打ち上げ日数制限を撤廃=種子島と内之浦、42年ぶり―H2Aの商業利用促進 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100729-00000101-jij-soci


これも小惑星探査機ハヤブサの7年にも及ぶ幾多の苦難を乗り越えた
ミッション成功のおかげか・・?


色々と足かせがあるわが国の宇宙開発にプラスになる朗報ですね。

H2Aは、他の国のロケットに比べ打ち上げコストのメンでも厳しい 立場
に立たされていますが,打ち上げの制限撤廃で、わが国の宇宙開発のス
ピードを少しでも前進されるものだと期待しています。


これで予算もNASAの半分でもつけば・・・ 。
いっきに宇宙開発競争のTOPにたてるのにね・・。









posted by nekozamurai at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


核融合炉・人工太陽


今、私達が地球上で生きていられるのも太陽核融合反応で燃えているから。

重い原子であるウランやプルトニウムの原子核分裂反応を利用する
核分裂炉に対して、軽い原子である水素ヘリウムによる核融合反応を
利用してエネルギーを発生させる装置が核融合炉。

核分裂より核融合の時にはエネルギーが沢山生まれるから
エネルギー効率がよい 。

核分裂炉のような核分裂反応の連鎖反応がなく暴走して炉が爆発することがない・・?。
核分裂炉の燃料となるウランやプルトニウムように特別な資源を必要としない
安価な資源を利用できる。

核分裂炉よりいいことばかりだけど・・。

               レイザー核融合


やっぱし

いい事ばかりではありゃしないんだろうな・・。

それで核融合炉反応を起こすには超高温超高真空という状態を作り
維持しなければ核融合反応を作り出せない。

ということは

今の科学技術では非常に難しく金がかかるということですか
地上に太陽を作るということは( ^ω^)・・・。



                   核融合って何???








posted by nekozamurai at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


やったぜ、あかつき!



あかつき

打ち上げ成功!
お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!


・・・今日打ち上げられるとは知らなかった。
もうちょっと後かと、勝手に思っていました。

1回でいいから生で打ち上げ見てみたいもんです。

それにしても打ち上げ完璧デスネ。
あとは金星探査のミッションが
無事に成功することを祈るばかりです。

・・・忘れちゃーいけない、ソラーセイルの実験機「IKAROS
のミッションの成功も。

事業仕分けや蓮舫に負けるな・・jaxa!!!



金星探査機『あかつき』打上げ


「あかつき」は新しい観測技術を駆使して、 雲の下の大気運動のしくみや「超回転」の原動力、 雷放電や活火山の有無などを金星周回軌道上から探ります。 打上げ予定日 : 平成22年 5月21日(金) 打上げ予定時刻 : 6時58分22秒(日本標準時) 打上げ場所 : 種子島宇宙センター 大型ロケット発射場









posted by nekozamurai at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


小惑星探査機「ハヤブサ」6月にオーストラリア・・・

世界で初めて小惑星に着陸!

歴史的ミッションやり遂げて地球に帰還する探査機「ハヤブサ

しかし・・・満身創痍になりながらやっとこさ地球に帰還するけど
本体は、燃え尽きてしまうのか…(;´Д`)ウウッ…。

・・・なんか胸がい痛む (ii w ii)。


数々のトラブルを克服してせっかくふるさとに帰ってきたのに。
ご苦労さんでした「ハヤブサ」 《m(-__ -)m》。

あとは,間違ってもカプセルを中国大陸に落とすなよ・・すぐパクられるぞ!!

⇒ JAXA 宇宙航空研究開発機構








posted by nekozamurai at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ナノ技術の小型脱塩装置

今までの脱塩装置は、塩分を濾過して塩の分子を取り除く仕組みだそうですが、
ろ過膜が詰まりやすく大量のエネルギーを必要とし、装置の大型化が避けられ
なかったそうです。

が今回発表されたナノテクノロジーを応用した脱塩装置は、今までの脱塩装置の
欠点を克服するものらしい。



ここまで来たナノテクノロジー

この装置を改良すれば塩も海水から大量にスグ作れるようになるんでは・・・・??







タグ:ナノ 海水 脱塩

posted by nekozamurai at 15:59 | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


日本初!金星探査機「あかつき」と宇宙帆船「イカロス」


金星探査衛星「あかつき」が2010年5月18日打ち上げにです。

地球の兄弟星、金星の謎に挑む日本初となる金星探査衛星の成功をお祈りいたします。
鹿児島県種子島宇宙センターからHUA-17号機によって5月18日午前6時44分14秒に金星に旅立ち、高温高圧の二酸化炭素の厚い大気に覆われた謎の天体「金星」を観測カメラなど6つの機器を使って2年にわたり探査する。

また「あかつき」とともに搭載された小型ソーラー電力セイル実証機「イカロス」太陽の光を動力として推進する宇宙帆船の実験も行われる。

SF小説ではよく出てくる宇宙船だけど・・・さすが21世紀ですね。

NHK ニュース



              JAXA/金星探査衛星あかつき特設サイト
http://www.jaxa.jp/countdown/f17/index_j.html







posted by nekozamurai at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


恐竜の絶滅は隕石で、12カ国のチームが結論

約6500万年前の白亜紀後期に起きた生物の大量絶滅の原因は現在のメキシコ・ユカタン半島付近に落ちた1回の隕石よるものと 日本(東北大)など12ヶ国による国際研究機関の研究チームが科学誌 サイエンスに発表した。

これまでも隕石の衝突による大量絶滅説は最有力しされていましたが,
色々な説があり論争になっていましたが、これで決着がついたみたいです。

                    恐竜を絶滅させた小惑星


大型爬虫類が地球を支配していた時間は何億年って気の遠くなる時間 だけどそんだけ長い時間繁栄していれば宇宙的規模の災難に遭う確立 も高くなる訳で、恐竜さんたちにはなんと言っていいのか・・・。

NHKスペシャル地球大進化 46億年・人類への旅 DVD-BOX 2(DVD) ◆20%OFF!

衝突時のエネルギーは広島型原爆の約10億倍!!!
・・・運が悪い時代に生をうけたとしか言いようがない。

それにしても私たち人間が今この地球に生きていることは紙一重の偶然 だよねぇ、巨大隕石が衝突しないでまだ恐竜の時代が長く続いていれば 私たちは、まだ恐竜に怯えながら地中の穴ぐらでコソコソと生きていた ネズミみたいなご先祖様のままだったかもね。

しかしだ、恐竜絶滅の後はどうして大型爬虫類が復活しなかったんだろう? だんだん時間が上がるにつれ体の小さいみミッチい生きもんばっかり・・・で

白亜紀末の巨大隕石の衝突後の地球環境が、大型生物が生まれにくい環境 に大幅に変わってしまったんだろうか?例えば地球の重力が変わったとか ・・・ないか

とにかく今この時でも太陽系の遥か外縁部にある彗星の溜まり場から なんかのひょうしで弾かれた巨大隕石が地球軌道にロックオンして衝突 コースを旅しているかもね。

そう考えると・・・・怖い。

関連ニュース
恐竜絶滅は小惑星の衝突が原因、国際チームが発表
恐竜絶滅 1回の小惑星衝突が原因 直径10〜15キロ








posted by nekozamurai at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


祝.HTV・ISSにドッキング成功!!


日本の宇宙輸送船『HTV』が18日午前7時26分すぎ、国際宇宙ステーション『ISS』とドッキングに
成功しました。

米国のスペースシャトルの引退が迫った今、シャトルに次ISSに物資を運ぶ重要な輸送手段として
期待されている中でのドッキングの成功は、大変意義深いものだと思います。

そして日本のロケット及び宇宙技術の高さを世界に示し、これからの有人宇宙飛行への足がかりになるものだと思います。

欧米に比べると少ない予算でこの難しいミッションに携わった全ての日本の技術者の方々に心から拍手を送りたいと思います。







posted by nekozamurai at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


H-IIB/HTV打ち上げ成功!!!

 今、ネットで次世代宇宙輸送機『 HTV 』の打ち上げみていました。
どうやら問題もなく宇宙空間に飛び立ったみたいですね!よかった

でもこれから国際宇宙ステーション『 ISS 』にドッキングするという大仕事が待っています。
ドッキングの成功を心から願います。

Biconic CEV at ISS - Cuba Background / FlyingSinger


しかし、打ち上げから直ぐH-IIBロケットの姿が、見えなくて残念・・・・。音だけは凄かったけど
やっぱりロケットの打ち上げは、透き通るような青空のもと昼間がやっぱり良いですよね?

日本の開発したHTVのドッキングシステムは、
アメリカのCBMという大型で多機能な結合システムを採用しています。

しかしこのCBMはISSに自動でドッキングするシステムを採用していないので、
HTVはISSの近くまで自動で近づきISSに搭載されているロボットアームで捕捉して
ISSの操作で最終的にドッキングするらしい。

ロシアや欧州宇宙機関が、採用しているISSと結合システムだと
結合部の直径が60センチしかなく大きな荷物をISSに運び込めないので、
結合部の直径が130センチのCBMを採用したみたいですね

これだと大きな実験機器とか運び込めるし、なんたってアメリカのシャトルは来年で引退ですから
かさばる荷物を運べる宇宙輸送機は、日本のHTVだけにしばらくはなってしまうみたいです。
責任重大ですね。

International Space Station / mrmoorey

それにしても今回の『 HTV 』を打ち上げたH-IIAの改良型、H-IIBロケットは静止軌道上に8

トン・国際宇宙ステーションの軌道だと最大16.5トンのものを打ち上げることができる

世界最高水準の打ち上げ能力を持つロケットだそうで、

日本の宇宙開発は地味でイマイチ目立たないと思っていたけど、なかなかどうしてスゴイじゃないですか。頑張れ日本の宇宙開発・・・・!!







posted by nekozamurai at 04:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


インドの月探査機チャンドラヤーン1号くん

インドの月探査機が、アポロ15号の着陸跡を確認したそうですが・・・
公開された写真を見てもよく解んないですけど。

もっとハッキリ・クッキリした写真にしてください。

しかしアポロ計画が嘘だと言い出した言いだしっぺはいったいだれなんだろう?
こんな与太話を信じている人が、いっぱいる事自体信じられん。

それよりもインドが月探査機打ち上げられることの方にビックリしました。
インドもなかなか頑張ってますね。

ロシア・アメリカ・中国の次に有人宇宙船打ち上げるのはインドでだったりして?


Space station V morning. / Elsie esq.


日本は一体何時になったら有人飛行するんだろう????

いつまでもアメリカやロシアの宇宙船に
頼ってないで自力で
宇宙実験室『 きぼう 』に人を運べる
宇宙船作れっていうんだ!!

それにしても昔『 2001年宇宙の旅 』をみた時には
21世紀になったら絶対こんな風になるんだなーと

なんとなく思ってたけど


2001: A Space Odyssey / slagheap


現実の21世紀は,やっぱり映画みたくは

いかなく

宇宙船『 ディスカバリー号 』で木星に
行くでもなし

だいちそんな宇宙船も作れなし

HAL9000みたい
人工知能コンピュータもできてないし
できる気配もなし


Would you like for me to sing it to you, Dave? / jtbrennan


20世紀後半にかってに思い描いていた21世紀初頭と
あまりにもかけ離れた世界になっていた

現実の21世紀初頭がこんな夢のないつまらない社会
になってるなんてこれは悪夢だ。









posted by nekozamurai at 16:49 | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


最新超広視角野のHMD( ヘッドマントディスプレイ )



内蔵されて小型プロジェクタ2機よって投影された映像を内蔵スクリーンに映し出す方式です。液晶パネルと違って投射式にすることによって視界を水平140°、垂直90°という広さで視界をほぼカバーすることによって被験者がCG空間に入り込んだ感覚が得られるらしい。

デメリットは小型プロジェクターいとはいえ2台を内蔵するため光源ランプをヘッドディスプレーに内蔵することができなかったので外の光源ユニットボックスから光ケーブルでヘッドディスプレーに供給する形をとっている。そのため被験者は光ケーブルの範囲でしか動けない。

ヘッドディスプレーの重さは大きさの割りに軽く1.95キログラム価格は基本システムで840万円だって・・・。

いずれこれも改良が加えられ家庭用ゲーム機に対応した機種が出てくるのはいつの日か、これ付けてゲームの中の超リアルなバーチャル空間を体験して見たいもんだ。






posted by nekozamurai at 15:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


かぐや6月11日月面に落下!!



ハイビジョンカメラで、今まで私たちが見た事も無い、鮮明な月面の映像を送ってくれた
月探査機「かぐや」が、ついにその任務を終え6月11日午前3時半ごろ月面に落下するそうです。

落下直前まで月面の様子を観測して、そのデーターを送り続けながらかぐやは任務を終了する
ごくろうさま!「かぐや」なんか、かわいそう。

アメリカのアポロ計画以来の大規模な月探査を続けていた月探査機「かぐや」をこのまま月に特攻させるのはもったいない、つんでいる機材がもったいない・・・・。

いつか月面に降りたった日本人が「かぐや」を見つけるのはいつの日か?

屋根裏にある中学の時、買ってもらった天体望遠鏡で、「かぐや」が月面に激突した時の光ぐらい見えないかな?・・・見えるわけないっか。








posted by nekozamurai at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ネアンデルタール人

ドイツノのデュッセルドルフ郊外のネアンデル谷にあったフェルトホッファー洞窟から
1856年に発見されたからネアンデルタール人・・・なるほど。

ネアンデルタール人は、死んだ仲間の墓を作って葬ったり墓に花を供えたり
アンデルタール人類は現代人と変わらない精神構造をしていらしい。

         北京原人はネアンデルタール人とは違うのかな?









posted by nekozamurai at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


6000万年前の世界も凄いね!!

バス1台分に匹敵する大きさって凄いですね。

クロコダイルを餌にしていたらしけど、鰐も負けずに大きくなればいかったのに
この時代のクロコダイルは、どのくらいの大きさだったのだろう?

この蛇が生息していた時代から500万年前に恐竜は絶滅していたけど、
もしティラノサウルスと戦ったらどっちが勝ったんだろ。









タグ:超デカイ蛇

posted by nekozamurai at 15:02 | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


5000年前の殺人事件??

いったい何があったのだろう?

なくなる直前数日間に2回も襲撃を受けたなんて可哀想に・・・・

アルプスの山の中で、うすれいく意識の中で彼は最後に

何を思って死んでいったのでしょうか?









posted by nekozamurai at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


21世紀ですね

 すごいですね。ドラえもんの四次元ポケットから出てくるみたいな道具が、もうすぐできそうですね?? 自分の頭の中で考えた絵空ごとや、過去の記憶を思い描いたら、映像としてDVDに録画できるのかな?

早くこの技術を応用した製品ができれば、意識があっても自分の意思を人に伝えられない病人の人は助かるんじゃないでしょうか







タグ:科学

posted by nekozamurai at 03:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。