ねこ侍日記 プラズマ放出現象利用したスクリーンレス空中3Dディスプレ U :








プラズマ放出現象利用したスクリーンレス空中3Dディスプレ


日本のバートンという企業が、空中に文字や絵を描画できるスクリーンレス空中
3Dディスプレを技術を開発しました。


プラズマ放出という現象をディスプレに応用することで,日中野外でも映像を空中に表
示できる技術。



他のディスプレとの最大の違いは?

これまでのディスプレイーとの最大の違いは,スクリーンDesディスプレイであ
ること。 スクリーンのない大気中にどうやって文字を書こうかと思った時にプラズマ発
光という現象を使おうと思いついたそうです。

まったくスクリーンの無い日中の大気中に、文字や3D映像を描画出来る唯一の装置
だそうです。まさに、SF映画に出てくる正真正銘のホノグラムそのもの。

また、日本がSF映画出てくる未来の技術を開発しちゃいましたね。

なぜ?このディスプレを開発しようとしたのか

きっかけは、震災があったときに文字を空中に書けたら非常に便利なのではないかと
いう発想から、この技術を防災向け用途に使うことで、避難災害情報を音声と一緒に
文字で空中に表示することで災害時の情報伝達を早めることを考えている。

海外展開…

技術の認知度を高めるため、海外展開も考えているそうですが、お隣の日本の 最新技
術を虎視眈々と掠め取ろうとする支那や半島に技術を盗みとられない ように最新の注意
を…。

…それにしてもどんどんSF映画の世界が現実になってきてますね!?










posted by nekozamurai at 02:32 | 科学・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。