ねこ侍日記 今日は真珠湾奇襲攻撃の日 U :








今日は真珠湾奇襲攻撃の日

昭和も、遠くの過去になってしまったかんもありますが、68年前の今日が太平洋戦争の発端となった真珠湾奇襲の日であります。


単冠湾(現北方領土:択捉島中部に位置する湾)を密かに出航した帝国海軍機動部隊(空母:第1航空戦隊所属:赤城、加賀、第2航空戦隊所属:飛龍、蒼龍、第5航空戦隊所属:瑞鶴、翔鶴)を主力とする世界最初に編成された高速空母機動部隊。


この機動部隊の有する航空戦力(約400機)の攻撃力を持ってアメリカ太平洋艦隊の主力戦艦部隊をいっきに海の藻屑にし、戦争の主導権を握り日本有利の早期講和を狙った作戦でした。


                        真珠湾奇襲攻撃映像


しかしこれまで海の王者として君臨していた戦艦に引導を渡したこの作戦の結果により航空母艦集中運用時における航空戦力の強大な破壊力は、遥かに戦艦戦力を凌駕することをアメリカに知らしめてしまう結果となった。

これによりアメリカの強大な物量と軍令部の稚拙な作戦立案により帝国陸海軍・日本は敗れ去っていったのです。

勝てたとは百歩譲っても言わないが、無条件降伏という惨めな負けかたは、軍令部のたてた数多くの神頼み作戦に大きな要因があったのではないのか・・・。

それと異常なほどの精神主義に頼る人命軽視の作戦指揮の数々、科学技術軽視、陸海軍の縄張り争いなどの旧日本軍の持つ負の体質、日本は負けるべくして負けたわけです。

しかし戦いかた次第では条件付降伏に持っていけたと思うんですけど。

それにしても自分たちは戦場で戦いもせず、多くの若い人命を紙屑のように奪っていった数々の無謀な作戦をたてた張本人の奴らが裁かれることなく戦後ののうのうと生き延びた事に事態おかしいことだと思う。







posted by nekozamurai at 02:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134995518
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。